探偵の求人広告を見たら飛びつきたくなる!

探偵の求人はどこで探す?

探偵もれっきとした職業なので、求人が出ています。でも、その求人を見る機会は少ないですよね。
一般的な職業の求人なら、求人情報誌や新聞に掲載されている求人広告、または、インターネットで確認できる求人サイト、そしてハローワークなどで求人を見つけることができます。

しかし、こうした所を探してみても、なかなか探偵の求人広告を見つけることができないという、探偵を目指している人はいるのではないでしょうか。

探偵の求人は、その仕事の性質上、ひっそりと掲載されている場合があります。

こう言ってしまうと、探偵の求人がいかにも怪しく聞こえてきますが、探偵が怪しい職業というイメージは、どうしても払拭することができない、一般的な印象となっています。

しかし、探偵の求人広告も、求人情報雑誌やサイト、新聞広告に求人情報が掲載されていることがあります。また、なかにはハローワークに登録されている求人もあります。

よく探してみると、意外と多くの探偵の求人広告を見つけることができると思います。

その中で、探偵の求人がどんな物で、探偵の仕事とは何かを知ることが重要になります。ここでは、探偵の求人広告の探し方から、探偵の求人に関する情報をご紹介します。

探偵の求人募集の内容

求人広告を見ればいろんな職種の求人情報を見ることができる。募集の内容を見て、自分にあった条件の求人を見つけるというのが方法のひとつですが、狙った職種で条件が良い職場を求人から探すという方法もある。

探偵の求人を探しているなら、後者の方法で求人を探すことになるわけですが、いったいどんな募集内容なのか気になっていると思います。

募集条件は求人を出している探偵によって違いはありますが、募集条件は至って普通です。

・勤務時間
・勤務地
・募集対象年齢
・給与額(時給)
・福利厚生
・その他の条件

これらの条件は、他の職種の募集条件でもよく見るものです。
ただし、探偵の場合、勤務時間や募集対象年齢などで他の職業とは違った条件がかかれていることがありあす。
探偵の場合、勤務時間などは調査をする時間ですから、かなり不定期です。深夜に調査をすることもあれば、日中に調査を行うこともあるので、定時というものが存在しない職業だと思っていいでしょう。

また、勤務地に関しても、事務所がある勤務地は募集条件に書かれていますが、調査を行う場所は、他の都道府県といった場合もあり、出張をする可能性もあります。

募集対象年齢ですが、探偵の仕事は深夜に行うことが多いため、基本的に未成年者を雇用することはありません。18歳以上または20歳以上の方を対象としたものが多く、上限は40歳ほどと、高齢になると調査を行う体力に不安が出てくる年齢では、探偵事務所で働くのは難しいのではないでしょうか。

探偵を目指している人へ

探偵の求人を探しているということは、探偵になりたいと思っている人です。
探偵になるなら、求人に募集して、面接に合格すれば、探偵の調査員として働くことが出来ます。

これで晴れてあなたも探偵として働くことができるわけですが、探偵になる方法を何も求人を探して、他の探偵社に入社することだけではありません。

探偵は、自分でも探偵事務所を開業することができる職業です。開業には何か特別なスキルや免許といったものは不要で、都道府県の公安員会へ書類を提出して、調査業として登録することさえできれば、その日kら探偵として働くことができます。

ただし、これにはデメリットもあります。事務所を開業した当初は探偵も調査員もあなた一人ですから、仕事を取ってくるのも大変ですし、調査の方法についてもまったくの素人と何らかわりありません。

探偵事務所を開業するにあたって、探偵についてある程度の勉強はしていると思いますが、調査経験があるのと無いのでは、天と地ほどの差があります。

探偵事務所の求人を探すとき、事前に独立開業を目指している、自分の事務所を持つことが目標という人は、調査員としてスキルを磨くことができる、調査を多く扱っている探偵を探して、まずはそこへ入社するというのも手段の1つです。

関連記事
探偵学校を選ぶ際のポイントとは?
探偵になるのに資格はありません。ですが調査を成功させるためにはいくつかのスキルが必要になってきます。経験と知識、技術がないと様々な依頼に対応するのも難しいです。

続きを読む...


探偵業者の調査力を見極めるポイント
探偵を選ぶなら、やはり調査技術が高いほうが依頼を完遂してくれる可能性が高いです。探偵業者は千差万別にあるので、技術力には違いがあることが多いのです。

続きを読む...

Copyright (C) 探偵求人はどこで探す?広告掲載とは All Rights Reserved.